Mercurius / Joe Endo

Mercurius / Joe Endo

第2回ちぐさ賞受賞者「遠藤定」待望のセカンドアルバム。デビュー時から増して個性的なベースでジャズのみならず様々なシーンで活躍する若手ベーシスト。今作もピアノトリオを基盤にベースが抜群にグルーヴする爽快なスイング感、力強いメロディのハードバップ色が強いオリジナル楽曲に、ベース独奏をフィーチャーしたトラックやフルート+トロンボーンという珍しい二管による新鮮なホーンアレンジなど聴きどころの増したアルバムとなっている。前作「It’s Now or Never」収録曲で今や遠藤定の代名詞となったキラーチューン「Terme for Joe」のホーンセクション入りアレンジVer.が収録されるなど以前からのファンにも嬉しい一枚となっている。

 

— 収録曲 —
1. Meke / Joe Endo
2. Take off / Joe Endo
3. Mercurius / Joe Endo
4. Beauty and the Beast / Alan Menken
5. Before It Gets Dark / Joe Endo
6. Caravan / Duke Ellington/Juan Tizol
7. Things Ain’t What They Used to Be / Mercer Ellington
8. Tennessee Waltz / Pee Wee King/Redd Stewart
9. Theme for Joe / Joe Endo

— Personnel —
遠藤 定 (bass)
今村 真一朗 (piano)
木村 紘 (drums)
小川 恵理紗 (flute)
張替 啓太 (trombone)

 

UJRC-18013 ¥2,400(税抜)
2018.10.20 Release
発行 Uplift Jazz Record